• ホーム
  • 通年のおしな
  • 季節のおしな
  • こだわり素材
  • 店舗案内
  • お客様の声
  • 配送・支払い方法

たくさんのお客様にご来店いただきました

全長なんと45cm以上
大ぶりの鯖を市場に並んだその日に

45cm以上の大ぶりの鯖を市場に並んだその日のうちに調理するのがこの「生さば寿司」。
お客様からのご要望でさらに「サーモン寿司」とのセットで「半分ずっこ」もご用意しました。
分単位でしか塩・酢〆していないため新鮮なお刺身を食べているような生の食感が味わえます。

地元でしか味わえなかった生さばと全身これ大トロのサーモンがご自宅で堪能できます。

酢〆を少なくすることで、刺身同然のままでのご提供を可能にしました。
特にネタの鮮度と厚みにはこだわりましたので、お腹も心もきっとご満足頂けると思います。

寒流の日本海は旨い魚の宝庫

北陸の鯖は、そのほとんどが「地産地消」つまり流通しません。
日本海の冷たい水で育ったその身は夏でもたっぷりの脂を抱き、臭みのない極上の身が古来より「生」で食されてきました。
真夏の鯖でも目で脂の筋「サシ」が確認できるほど北陸の鯖は1年を通して脂が乗ってます。
冷たい水で育った鯖だからこそ甘味がある身になるのです。

夏でもたっぷりの脂を抱き、臭みのない極上の身。

目で脂の筋「サシ」が確認できるほどです。

食べやすく、風味よく。
青魚特有の生臭みをとるための一手間を惜しみません

当店の「生さば寿司」は生臭くないと評判を頂いております。
理由は生臭みの元・血合いを可能な限り取り除くからなのです。これにより青魚特有の生臭みを極力抑え、食べやすく、風味がよくなるのです。旨さのため・食べやすさのための一工夫です。

可能な限り「血合い」を取り除きます。お食べになる時のことを考えてこその料理店ならではの気配り。

タスマニア産のまさに「トロサーモン」ぷりぷりの身は新鮮そのもの。

鯖とサーモンの半分ずっこは『2つの味』を楽しめます

- 酢〆

従来通りの作り方。塩〆の後酢〆します。
ただし、この塩〆と酢〆がこだわりの第一歩。専業寿司屋さんとは一線を画す作り方。
あくまでも「料理屋の押し寿司」にこだわった唯一無二の「鯖とサーモンの押し寿司」です。

- 鯖醤油漬け

鯖を塩・酢で〆た後、醤油に漬け込みました。
青魚特有の生臭さが苦手な方に特にお勧めいたします。醤油で臭みがまるで無くなっております。
間にはガリを刻んでシャキシャキ感を追加、さらに黒胡麻で香り極上に。

塩・酢・米
全て地産地消の厳選素材を使用しました

越前塩

- 海水のまま天然塩 甘い「越前塩」

越前海岸の海水をそのまま鍋で濃縮・乾燥しただけの「越前塩」は通常の塩の20倍のお値段ですが、刺々しくない甘い・丸い味の塩です。
ミネラル豊富な海から天然の贈り物です。

「越前塩職人」中村 力夫, 高橋 利明

300年の酢

- 創業1710年の誇り 300年の酢

創業以来かたくなまでに作り方を変えない、小浜市にある老舗の米酢を使用。酵母が自然に酢を作り出すまでじっくりと寝かせた偽りなしの本物の米酢です。
まろやかな酸味が特徴です。

「とば屋酢12代目当主」中野 貴耀

100%コシヒカリ

- 福井県発祥米 コシヒカリ100%

福井発祥の山水で育まれたコシヒカリを産地を指定して買い入れしてます。玄米のまま仕入れしておりますので、炊き上げる直前に精米。
生きている米だから旨味が違います。

「お米生産農家」

→ 厳選素材についてはこちらのページでさらに詳しく説明しています。

懐石料理店の押し寿司

"福井一" 鯖の取り扱いが多い当店の "鯖に対するこだわり抜いた思い"
また、素材や製法に吟味・追及し続けた形が、当店自慢の「生さば寿司」「季節の創作押し寿司」
懐石料理店の視点で仕上げたそのシャリ・ネタの〆具合を、ぜひお客様ご自身でお確かめください。

生さば寿司ができるまで

無料ラッピングについて

1本で二つの味 
鯖は酢〆と醤油漬けの2種類

鯖とサーモンの半分ずっこ

▼種類を選んでください▼

  • 種類:

ギフト包装【無料】:

商品コード:
300~301
販売価格(税込):
3,456~3,564
送料別
ポイント: 160~165 Pt
数量:
商品名 鯖とサーモンの半分ずっこ
内容量
商品サイズ

通常サイズ(2~3人様用)
└ 約205×75×30mm/660グラム

配送方法 クール便(冬季は保冷剤)
保存方法 到着から時間を置いて召し上がる場合は冷蔵庫にて保管ください。
日持ちについて 賞味期限は到着日の24時までとなっております。その日のうちに食べ切ってください。
美味しく召し上がるには お召し上がりの際に夏は30分前、冬は1時間前に室温に戻すとしゃりの口当たりが良くなりおいしく頂けます。
上手に切るには 冷蔵庫から出してすぐの冷えた状態ですと、うまく切れます。その際は1カットごとに包丁を濡らして手刀を切りますと、よりスムーズに切れます。
また常温に置いてから切る場合は、寿司全体をラップで包みますとスムーズに切れます。

この商品を購入された方のレビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

福井の地から全国へ


8年連続1位

萩

福井市下馬(げば)の裏通りにある、小さな料理店「四季食彩 萩」です。

コースの一品として生鯖寿司をお出ししておりましたが、
おかげ様でご評判を頂くようになりまして2004年より地方発送を始めました。
以来、鯖寿司を毎年1万本近く地方発送しております。

寿司屋で食べる鯖寿司とは一味違う、当店の【生鯖寿司】をぜひご賞味ください。